2017.04.  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017.06.
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --.--.-- (--) ] [ Category:スポンサー広告 ]
絶望の そのさき ちょっと見せちゃいます

2011081601.jpg


映画『七つまでは神のうち』presents
~絶望の そのさき ちょっと見せちゃいます~


8月15日(月)
終戦記念日、阿佐ヶ谷LOFTで『七つまでは神のうち』の公開直前イベントが開催されると聞いて駆けつけてきました!!


この日登壇したのは、ご存知ブルボニスト・宅隆太監督を始め、『東京島』『怪談新耳袋 怪奇 ツキモノ』の篠崎誠、『戦慄迷宮3D』『ラビット・ホラー3D』の清水崇、『古代少女隊ドグーンV』『ファッション・ヘル』の継田淳の4名


まずはこのブログに書かれている高橋洋の『恐怖』を足がかりに、ホラー映画の現在、作り手の苦労話、観る者のリテラシーなどの白熱した討論が繰り広げられました


興味深かったのは『古代少女隊ドグーンV』への視聴者の反応
番組中で万引きをした少女に対する批判がTwitterなどで散見したらしい


フィクションを楽しもうとする視聴者の頭の固さに嘆いていました
そんなこといったらヤクザ映画なんて楽しめないってば!!


休憩中は前売り券と小説を購入
しかも三宅監督にサインもらっちゃいました!!

七つまでは神のうち
七つまでは神のうち三宅隆太

SDP
2011-08-04
売り上げランキング : 39102


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



最後は予告編大会


清水崇の最新作『ラビット・ホラー3D』のフェイク予告編『兎年』や、
会場に来ていた吉田浩太の最新作『ソーローなんてくだらない』の予告編などを上映


当然『『七つまでは神のうち』』は初日に観に行く予定です!!
スポンサーサイト


[ 2011.08.16 (火) ] [ Category:日記 ] [ Comment:3 ] [ Trackback:0 ]
コメント

何故か物凄いメンツの中、まな板の上の鯉になっていたものです。
アクセス解析で来たら、この夏で一番怖い思いをしているとこなのですが、当日LOFTにいなかったので、出来れば話の経緯などを教えていただけると幸いです。

( by : bits * URL ) ( 08/24 - 02:23 ) ( 編集 )

コメントありがとうございます。


イベントでブログの内容は、話のとっかかりで三宅監督が紹介していました。
『このブログを書いた人は、よくJホラーを分析している』と誉めていましたよ。


ポイントは
『世界観を構築するだけでなく~それが全くこの映画は出来てない。』
の『出来ていない。』というフレーズに注目していました。


『出来ていない』のか
『やっていない』のか
それとも観る者が『分かっていない』のか


いやいや
高橋洋さんは<それを>分かってやっているはずだ!


観る人は『分からなかった』からといって
『つまらない』『面白くない』というレッテルを張って欲しくない


といったかんじで話は進み、
議論はそこから映画を見る人のリテラシー、作り手の苦労話になっていきました


最終的には
『昔はよかったなぁ~』的な着地をした感じでした。


そんなに恐れなくてもいいと思いますよ。

( by : スネーク * URL ) ( 08/24 - 23:46 ) ( 編集 )

返信と詳しい説明ありがとうございます。イベントに参加したかったな。

日本のホラー映画に関しては、Jホラーというジャンルで括られ「恐い/恐くない」というカテゴリーで評価されがちで、そういった部分に作り手側の苦悩があるのかな、とスネークさんのイベントの様子を読んでふと思いました。

欧州のホラーが色々と実験的な作品が出てそれが評価される一方で、日本のJホラーで多様な解釈・分析が為されてきた作品が、黒沢清の作品と小中千昭が脚本を書いたカルトアニメ『lain』を除いてほとんどないという現状があって、その中で作品を作り続けていくのはやはり一筋縄ではいかないのだろうと思います。

高橋洋氏の作品とは正直波長が合わない節が強いのでああいった文面になってしまいましたが、とにかくJホラーの現在を観て、こちらが出来るだけの分析をしていきたいなぁ、と現在考えているとこです。

長文失礼しました。

( by : bits * URL ) ( 08/25 - 18:36 ) ( 編集 )

コメントする?












 秘密コメント

トラックバック
トラックバックURL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。